[注目トピックス 経済総合]天然ゴム市場には短期的に強気な見方も一考か サンワード貿易の松永氏(花田浩菜)

*09:16JST 天然ゴム市場には短期的に強気な見方も一考か サンワード貿易の松永氏(花田浩菜)
皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。
4月1日は上海ゴムが上場来安値を記録しました。今日は天然ゴム市場についてのレポートをご紹介します。

松永さんのレポートでは、上海ゴムの当限の安値について、『2008年12月が9565元、2015年11月が9150元、2016年1月が9255元、2018年6月が9855元であり、今年の安値が昨日記録した8935元となり』 、上場来安値を4月1日に記録したと伝えています。一方、上海ゴムの取引中心限月の上場来安値については、『3月23日に記録した9300元』であり、それに続くのが昨日朝方に記録した『9360元』とのことです。足元で、上海ゴムが記録的な安値を記録していることがわかりますね。

4月3日は、トランプ大統領と米大手石油会社の首脳陣との会談が行われました。松永さんはこの会談で、『米国も減産に参加することが決定すれば、OPECプラスによる協調減産が復活する可能性も高まります』と考察していましたが、実際にトランプ大統領は協調減産が再開されることに期待を示したようです。

また、『米シェールオイル生産のホワイティング・ペトロリアムは1日、米連邦破産法第11条(民事再生法に相当)の適用を申請しました』と伝えており、『今回の原油価格の暴落で初めてとなる原油生産に関する上場

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月6日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。