NY株式:NYダウ82ドル高、企業の好決算を好感

米国株式市場は続伸。ダウ平均は82.76ドル高の35144.31ドル、ナスダックは3.72ポイント高の14840.71で取引を終了した。6月新築住宅販売件数がパンデミック下で最低水準となったほか、ダラス連銀製造業活動指数も予想外に悪化した結果に失望し、寄り付き後、下落。しかし、企業の好決算への根強い期待に、上昇に転じた。民主党上院のシューマ—院内総務が超党派のインフラ案の法制化を公約すると発言すると、回復期待も強まり引けにかけて上げ幅を拡大し、ダウ、ナスダック総合指数は史上最高値を更新して終了。セクター別では、エネルギーや自動車・自動車部品が上昇した一方で、ヘルス機器・サービスが下落。

オンライン小売りのアマゾン(AMZN)は暗号通貨決済を導入するとの報道を受けて、買われた。ビデオ会議サービスのプロバイダー、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)はクラウドベースのコールセンターを運営するファイブ9買収が収益増に貢献するとしたアナリストの投資判断引き上げが好感され、上昇。テーマパーク運営会社のシックスフラッグズ(SIX)もアナリストの投資判断引き上げで上昇。玩具メーカーのハズブロ(HAS)は四半期決算の予想を上回る結果を好感し、大きく買われた。一方で、防衛会社のロッキード・マーチン(LMT)は四半期決算の内容がアナリスト予想を下回ったため売られた。

電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)は取引終了後に決算を発表。内容が予想を上回り時間外取引で上昇している。

Horiko Capital Management LLC

編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「株式」に関する記事

「株式」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「株式」の記事

次に読みたい「株式」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク