(1)マザーズ市場の投資戦略2021 〜2021年前半の株式相場とマザーズ市場の概況〜

以下は、2021年8月2日にYouTubeチャンネル「FiscoTV」で配信された「マザーズ市場の投資戦略2021 ~2021年前半の株式相場とマザーズ市場の概況~」である。フィスコアナリストの白幡 玲美氏とフィスコアナリストの小林大純氏が、対談形式で2021年前半の株式相場、それにマザーズ市場の概況について解説している。3回に分けて配信する。

白幡:
こんにちは、フィスコアナリストの白幡 玲美です。2021年も既に半分が終わりましたが、株式相場は新型コロナウイルスの感染状況や各国政策の行方を睨み揺れました。今回はそんな2021年前半の株式相場、それにマザーズ市場の概況について、フィスコアナリストの小林大純(こばやし ひろずみ)さんに解説して頂きます。小林さん、宜しくお願いします。

小林:
はい、宜しくお願いします。まずおさらいですが、マザーズ市場は「近い将来の市場第一部へのステップアップを視野に入れた成長企業向けの市場」と位置付けられており、7月6日時点で373社が上場しています。次の表はマザーズ市場の株式時価総額上場企業の一覧です。

(資料 マザーズ株式時価総額上位 ※2021年6月末時点)

小林:
フリマアプリ大手のメルカリを筆頭に、IT・インターネット関連企業が多いことがわかります。また、網掛けした企業は2021年に上場した企業です。今年1月から6月までに37社がマザーズ市場へ新規上場しました。市場第一部へのステップアップを果たす企業がある一方で、成長中の新興企業が相次ぎ上場し、新陳代謝が活発な点もマザーズ市場の大きな特徴と言えます。

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「株式」に関する記事

「株式」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「株式」の記事

次に読みたい「株式」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク