12日の米国市場ダイジェスト:NYダウ14ドル高、雇用改善を好感

■NY株式:NYダウ14ドル高、雇用改善を好感

米国株式市場は上昇。ダウ平均は14.88ドル高の35499.85ドル、ナスダックは51.13ポイント高の14816.26で取引を終了した。7月生産者物価(PPI)の伸びが予想を上回り、インフレ高進への脅威が再燃し、寄り付き後、下落。その後、週次新規失業保険申請件数が3週連続で減少したことを好感した買いも目立ち、下げ幅を縮小した。引けにかけ、ハイテク株の上昇も手伝い、ダウは上昇に転じ、3日連続で史上最高値を更新し終了。セクター別では、テクノロジー・ハード・機器、自動車・自動車部品が上昇した一方で、半導体・同製造装置製造装置が下落。

ソフトウェア開発会社のパランティア・テクノロジーズ(PLTR)は決算内容が強かったほか、第3四半期の業績見通しが政府機関の需要増加を受けて予想を上回ったため、大きく買われた。ワイヤレスマルチルームホームオーディオシステムを開発するソノス(SONO)は決算が予想を上回り、上昇。女性優先の出会い系アプリ、バンブル(BMBL)は第2四半期決算内容はまちまちだったが、第3四半期や通期見通し引き上げが好感され、上昇した。一方、半導体メーカーのマイクロンテクノロジー(MU)はアナリストの投資判断引き下げを嫌気し、下落。新型コロナ・デルタ変異株流行で売上が再び鈍化するとの懸念に、航空会社のアメリカン(AAL)、ユナイテッド(UAL)などが軒並み売られた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「株式」に関する記事

「株式」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「株式」の記事

次に読みたい「株式」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク