注目銘柄ダイジェスト(前場):わかもと、山崎パン、ビザスクなど

中外薬:4298円(+183円)
大幅続伸。関節リウマチ治療薬「アクテムラ」の増産を検討と報じられている。米国で新型コロナウイルス感染症の治療薬として緊急使用許可を受けたことで、世界的に供給不足となっているようだ。7月にはWHOでも使用を推奨し、同薬の直近2週間の米国での需要は、コロナ流行前と比べて400%を上回る増加幅になっているもよう。業績寄与を期待する動きが優勢になっている。

サイバー:1998円(+60円)
続伸。クレディ・スイス証券では投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価も2100円から2800円に引き上げている。メディア事業の黒字化タイミングが視野に入ってきたこと、インターネット広告事業が広告DXをキーワードにした再成長局面に入ってきたことなどを評価しているもよう。21年9月期営業利益は会社計画並み水準にまで上方修正している。

わかもと:401円(+80円)
ストップ高。国内で開発・販売しているマキュエイド眼注用40mgについて、米Harrow Healthとライセンス契約を締結と発表している。同社はHarrow社に対し、米国及びカナダにおける開発及び販売等のための独占的ライセンスを付与、その対価として開発段階に応じたマイルストンを受領することになる。Harrow社は米国眼科医療市場のリーダーとして成長を続けている企業とされており、業績インパクトを期待する動きが先行。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「株式」に関する記事

「株式」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「株式」の記事

次に読みたい「株式」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク