24日の米国市場ダイジェスト:NYダウ30ドル高、景気回復期待が高まる

■NY株式:NYダウ30ドル高、景気回復期待が高まる

米国株式市場は続伸。ダウ平均は30.55ドル高の35366.26ドル、ナスダックは77.15ポイント高の15019.80で取引を終了した。当局による新型コロナウイルスワクチン正式承認を受けた景気回復期待に、買いが強まり、寄り付き後、上昇。原油高に加え、企業の好決算も手伝い終日堅調に推移した。ハイテクも強く、ナスダック総合指数は史上最高値を更新して終了。セクター別では、エネルギー、消費者サービスが上昇した一方で、医薬品・バイオテクが下落。

家電小売りのベストバイ(BBY)は第2四半期決算内容が予想を上回ったほか、通年の既存店売り上げ見通し引き上げが好感され、上昇した。在宅フィットネス事業を展開するペロトン・インタラクティブ(PTON)はリコール後、来週から新たなトレッドミル(ランニングマシン)、「ペロトントレッド」の販売を開始すると発表し、買われた。保険会社のシグナ(CI)は20億ドル規模の加速型自社株買い(ASR)プログラムを発表し、上昇。ネットワーク用セキュリティー・ソリューションサービス、パロアルトネットワークス(PANW)は好決算や通年の楽観的な見通しを発表し大きく買われた。また、クラウドベースの商取引プラットフォームを提供するショップファイ(SHOP)は、動画投稿アプリ、ティックトックとの提携で合意し、売上増加期待に上昇。

衣料小売りのアーバンアウトフィッタ—ズ(URBN)は取引終了後に決算を発表。内容は予想を上回ったが、店舗数の削減計画を発表したことが嫌気され、時間外取引で下落している。

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「株式」に関する記事

「株式」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「株式」の記事

次に読みたい「株式」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク