NY株式:NYダウ6ドル安、史上最高値付近で伸び悩む

米国株式市場はまちまち。ダウ平均は6.26ドル安の35603.08ドル、ナスダックは94.02ポイント高の15215.70で取引を終了した。史上最高値付近から利益確定売りに押され、寄り付き後、下落。中国の不動産会社の破たん懸念や高インフレの長期化への脅威も良好な企業決算が相殺し、引けにかけてダウは下げ幅を縮小した。ハイテク株は買いが続きナスダック総合指数は上昇。セクター別では自動車・自動車部品が上昇した一方で、エネルギーが下落した。

特別買収目的会社(SPAC)デジタル・ワールド・アクイジション(DWAC)はトランプ前大統領のメディア企業上場に合意したとの報道で大幅上昇。貨物輸送会社のCSX(CSX)や靴メーカーのクロックス(CROX)は予想を上回った決算が好感され上昇した。航空会社のアメリカン航空(AAL)は連邦政府の支援が奏功し第3四半期決算で黒字を計上し買われた。電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)は昨日引け後に発表された第3四半期決算で過去最高益を計上し、上昇。一方、ITサービスIBM(IBM)は予想下回った決算に失望した売りが続いた。ドーナッツチェーンのクリスピー・クリーム(DNUT)はアナリストの投資判断引き下げが嫌気され下落。

半導体メーカーのインテルINTC)は取引終了後に決算を発表。第4四半期の調整後1株利益予想に失望し時間外取引で売られている。

Horiko Capital Management LLC

編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「株式」に関する記事

「株式」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「株式」の記事

次に読みたい「株式」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク