日経平均テクニカル:反発、基準線が下向きで終了

22日の日経平均は反発した。ローソク足は陽線を引いたが上ヒゲは25日移動平均線やその直下を走る5日線に届かずに終了。ザラ場高値と安値はともに前日水準を下回った。25日線と5日線は下降を継続しており、短期的な下落トレンド延長を示唆している。一目均衡表では、終値は雲下にとどまり、10月6日を起点に横ばいだった基準線が下向きで終了し、こちらも下押し圧力の継続を示唆。25日線とのマイナス乖離率は0.78%と小さく自律反発を誘うには不十分。RSI(14日ベース)も54.40%と中立圏中央(50.0%)に近く、足元の相場は売り買いどちらも仕掛けにくい地合いにあるようだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク