東京為替:具体的なドル売り材料少なく、ドル・円は114円近辺で下げ渋る可能性も

27日午前の東京市場でドル・円は114円10銭近辺で推移。米政策金利の先高観などを意識したドル買い・円売りは一服しており、目先的には日経平均の動向をにらんだ取引が主体となっている。株安を意識してドル・円は上げ渋っているようだが、具体的なドル売り材料は多くないため、ドル・円は114円近辺で下げ渋る可能性も残されている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は114円07銭から114円22銭、ユーロ・ドルは、1.1590ドルから1.1604ドル、ユーロ・円は、132円30銭から132円53銭で推移。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク