個人投資家・有限亭玉介:11月相場は業績を見極めろ!注目中の個別株【FISCOソーシャルレポーター】

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2021年11月1日14時に執筆

株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

10月末から11月にかけての決算シーズンでは、多くの企業がコロナからV字回復を遂げているようです。単に業績比較するだけでなく、昨年と比べてコロナによりビジネス環境が一変した事は気に留めておく必要があります。リバウンドで一時的な好決算に見えても、中長期ではどうなるか見定めたいところですよ。

10月6日に発表された日本郵政株の第3次売却は9500億円近くにのぼるとの事で、手持ちの保有株を売りに出して購入資金に充てる投資家もいるようです。市場の需給バランスが悪化する懸念も出ています。約9500億円という金額は、市場に影響が無いとは言い切れません。短期的には上値の重い展開が目立つ相場となりそうです。

中国の不動産リスクに目を向ければ、恒大集団だけでなく他の不動産関連企業でもドル建て社債の償還が滞っているとの報道もあります。リーマンショックのような経済不況が起こるとすれば絶対に無視できないリスクですが、日本への影響など全貌を把握出来ずに市場が楽観視しているとすれば問題かもしれません。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク