米国株式市場見通し:年末商戦や雇用統計に注目

新たに検出された南アフリカ変異株はデルタ株よりも感染力が強く、ワクチンの効力も限定的と報じられているが、まだ初期段階で、実態が明確化されたわけではない。今週の市場は感謝祭の祝日で休場、短縮取引と取引日数や参加者が限定的となったため週後半のパニック売りに繋がったようだ。状況はパンデミック発生時とは大きく異なる。ワクチンや治療薬の使用が可能だ。先進諸国ではワクチン接種が進んでおり効力が薄まったとしても、全くないわけではない。欧米の入国制限が発表されたが、米国が今後行動制限に再度踏み切るとは考えにくい。短期的に景気循環株を押し下げるが下値も限定的だろう。バイオや製薬会社はこれからワクチンの効力を検証する計画だ。今週の下落が過剰で、来週は売りが一段落し、押し目を狙った買いを期待したい。

バイデン大統領がパウエルFRB議長を再任しブレイナードFRB理事を副議長に指名し、FRB人事を巡る不透明感も払しょく、年末に向けて上昇しやすい環境になった。また、年末商戦も本格化し動向に注目だ。今のところ出だしが好調で、市場に再び楽観的見方が広がると期待したい。小売り企業の決算は予想を上回る好調な結果となったものの、サプライチェーン混乱による在庫不足、人手不足が続き強い需要に対処できず、さらに、人件費などコストの上昇により利益率も圧迫されると悲観的な見通しを示し株価動向は冴えない。そんな中、小売りは今週のブラックマンデーに続き30日のサイバーマンデーで、オンライン商品の特別割引を提供。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「株式」に関する記事

「株式」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「株式」の記事

次に読みたい「株式」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク