ドル・円は112円86銭まで下落

 30日のロンドン外為市場のドル・円は、113円19銭から112円86銭まで下落している。新型コロナウイルスの新変異株に対するワクチン効果への懸念から、欧州株が全面安、米株先物も大幅安、米10年債利回りは1.43%台まで低下しており、ドル売り、円買いが優勢になっている。

 ユーロ・ドルは1.1329ドルから1.1351ドルまで上昇。ユーロ・円は128円32銭まで上昇後、128円02銭まで下落している。

 ポンド・ドルは1.3328ドルから1.3354ドルまで上昇。ドル・スイスフランは0.9211フランから0.9198フランまで下落している。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク