米国株見通し:底堅い値動きか、想定内の金融政策で買戻しも

(14時00分現在)

S&P500先物      4,643.30(+9.2)
ナスダック100先物  15,933.20(+18.3)

グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅高。NYダウ先物は60ドル高。アジア株高の波及も予想され、本日の米株式市場は買い先行となりそうだ。

14日の主要3指数は続落。ナスダックは前日比1%超弱含んだが、ダウは106ドル安にとどまり35544ドルで取引を終えた。この日発表された生産者物価指数(PPI)が2010年以来の高水準で、10日の消費者物価指数(CPI)に続きインフレ高進が鮮明に。それを受け連邦公開市場委員会(FOMC)での引き締め加速への思惑が広がり、長期金利の上昇を背景に株売りが強まった。特に、ハイテク関連への売りが相場の下げを主導した。

本日は底堅い値動きか。新型コロナウイルスの世界的な感染再拡大が警戒され、買いは慎重になりそうだ。一方、連邦準備制度理事会(FRB)はFOMCでの討議を踏まえ、資産買入れの段階的縮小(テーパリング)をさらに進める公算。当局者による金利見通しでは来年2-3回の利上げがメーンシナリオなり、引き締め加速が織り込まれる。ただ、想定ほどタカ派的でなければ金利高は抑制され、ハイテク関連などへの買戻しが予想される。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「株式」に関する記事

「株式」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「株式」の記事

次に読みたい「株式」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク