11日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:こう着感の強い相場展開のなか、安川電の決算を受けたセンチメント改善に期待
■イオン、23/2予想 営業利益2100億円
■前場の注目材料:ISSへ宇宙旅行本格化、民間主導の居住施設も打ち上げ予定

■こう着感の強い相場展開のなか、安川電の決算を受けたセンチメント改善に期待

11日の日本株市場は、やや売り先行で始まった後は、引き続きこう着の強い相場展開になりそうだ。8日の米国市場はNYダウが137ドル高だった半面、ナスダックは186ポイント安だった。10年債利回りが3年ぶり高水準に達し、金利高を警戒した売りにより下落して始まった。その後、景気に不透明感が広がるなか、ディフェンシブ銘柄に投資資金が向かい、ダウは上昇に転じた一方で、ハイテク株は終日軟調に推移した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円安の26990円。円相場は1ドル124円30銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや売り先行で始まりそうだ。8日の米国市場では金利上昇が嫌気され半導体株の弱さが目立っていたこともあり、指数インパクトの大きい値がさ株への重荷となる可能性はある。ただし、日経平均は27000円辺りでの底固めの動きが見込まれそうであるほか、先週末に決算を発表した安川電の今期見通しはコンセンサスを上回っていることもあり、同社が底堅い値動きを見せてくるようであれば、センチメント改善に繋がりそうだ。