日経平均は373円高(14時25分現在)。日経平均寄与度では、アドバンテスト、デンソー、第一三共などがプラス寄与上位となっており、一方、ファーストリテ、エムスリー、日立建などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、鉄鋼、鉱業、輸送用機器、ガラス土石製品、その他金融業が値上がり率上位、海運業、サービス業、その他製品、陸運業が値下がりしている。

日経平均は高値圏で推移している。市場では引き続き内外企業の決算に関心が向いている。今日はこの後、ZHD、TOTO、コマツ、日立、NEC、富士通、エプソン、アンリツ、アルプスアル、京セラ、村田製、JR西日本、SGホールディングス、ANAHD、メルカリ、JT、日電硝、HSHD、LIXIL、インヴァスト、豊田通商、中部電、レーザーテック、東電力HDなどが決算発表を予定している。また米国では、1-3月期の米実質国内総生産(GDP、速報値)が発表され、企業決算では、ツイッター、メルク、キャタピラー、マクドナルド、マスターカード、アップル、インテル、アマゾン・ドット・コムなどが1-3月期の決算発表が予定されている。