29日のロンドン外為市場のドル・円は、一時129円77銭まで下げたが、日本銀行は長期金利の上昇を抑制するための指し値オペを毎営業日実施する方針を伝えており、リスク回避的な円買いは一服。クロス円取引に絡んだ円売りが観測されたことで130円30銭まで戻した。

ユーロ・ドルは1.0558ドルから1.0598ドルまで反発。ユーロ・円は137円03銭から137円77銭まで買われた。

ポンド・ドルは1.2550ドルから1.2575ドルまで反発。ドル・スイスフランは0.9695フランから0.9680フランまで下落した。