以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2022年4月25日14時に執筆

5月は3月期の決算発表が出揃います。2年以上に渡るコロナの影響が薄れ行く中、今後の業績見通しがどうなるか楽しみですなぁ。目下ではウクライナ情勢や上海のロックダウンなどで外部環境が良いとは言えないものの、個別銘柄の業績はどうなるか注目です。

改めまして株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

リスク別に分析してみますと、原油高は化学系など材料メーカーにとってはマイナスであり、エネルギー系企業にとってはプラス。また、ロシアの経済制裁はレアメタルなどを手掛ける企業にとって、ロシア企業から乗り換える代替需要の引き合いがあると思われます。

もちろんこれらは一般論であって、個別企業の特徴に合わせた分析がさらに必要です。円安や円高に関しても今の時代は海外に工場や子会社を持つ企業は一般的ですし、その企業が為替リスクに備えて対応できているのか、業績全体の内どれほど影響するのか等を精査しなければなりません。

外部環境が良くトレンドに乗っている企業でさえ、ある日を境にして天と地がひっくり返ったように暴落していく事も起こり得ますからねぇ。個別銘柄が持つ強みや弱みをしっかり理解して、相場や外部環境と照らし合わせながら底堅く推移していく銘柄を見定めたいものですな。