以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家Rょーへー氏(ブログ「デイトレで勝てない人のためのブログ」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2022年6月15日12時に執筆

こんにちは。『デイトレで勝てない人のためのブログ』を運営しているRょーへーと申します。16年間デイトレードを続けていますが、最近の相場はかなり難易度が高く感じています。不安定な相場、暴落相場が続く今、デイトレードというスタイルに再度注目してみたいと思います。

仮想通貨(暗号資産)に大きな売り

6月10日(金)の夜間、米市場は大幅安となりました。当然日経225先物も、マザーズ指数先物も安く戻ってきました。しかし下げ要因はこれだけではありませんでした。2022年は仮想通貨も株式市場と強い連動性を持っています。

土日の連休は株式投資しか携わっていない人はあまり市場を見ることがないと思いますが、実は11日、12日の土日に仮想通貨は大きく売り込まれました。その売りを株式市場は織り込んでいなかったわけですから、月曜日は大幅にギャップダウンしただけでなく、追撃売りが出て大きな下落となりました。

以前は為替相場を同時に監視しておくべきでしたが、今は仮想通貨もモニターのどこかに表示して監視しておく方が相場の大きな変化を察知しやすいと思います。