【今週の概況】
■日米金利差拡大を想定して円売り継続

今週のドル・円は強含み。6月14−15日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利であるフェデラルファンドFF金利の誘導目標は0.75ポイント引き上げられるとの観測が強まり、15日のアジア市場で135円59銭までドル高・円安が進行した。15日開催のFOMC会合では事前の予想通り0.75ポイントの追加利上げが決定されたが、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が会見で次回7月の会合では0.5または、0.75ポイントの利上げ幅にとどまる可能性を示唆したため、ドル買い・円売りは縮小した。16日のニューヨーク市場では米国経済の減速懸念が強まり、ドル・円は一時131円50銭まで急落した。
しかしながら、16−17日に開かれた日本銀行金融政策決定会合で現行の緩和政策を維持することが賛成多数で決まったことから、17日の東京市場ではドル買い・円売りが再び優勢となり、134円台後半まで値を切り上げた。

17日のニューヨーク外為市場では、低調な米経済指標を受けてドル・円は一時134円43銭まで売られた。しかしながら、日米金利差の拡大を想定したドル買い・円売りが活発となり、一時135円43銭まで上昇した。ドル・円は134円99銭でこの週の取引を終えた。ドル・円の取引レンジ:131円50銭−135円59銭。

【来週の見通し】
■底堅い値動きか、日米金利差拡大を想定してドル買い継続も