欧州市場でドル・円は小じっかりとなり、147円60銭付近に値を切り上げた。米連邦準備制度理事会(FRB)の今後の利下げ観測で売り込まれたドルに買戻しが続き、主要通貨は対ドルで軟調地合いに。
欧米株価指数は堅調だが、主要通貨は対円でも弱含む。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は147円17銭から147円65銭、ユーロ・円は161円58銭から162円14銭、ユーロ・ドルは1.0970ドルから1.0998ドル。