24日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■本格化する決算を前に積極的な売買が手控えられる
■イオン九州、24/2上方修正 営業利益 104億円←79億円
■前場の注目材料:TOPPANHD、シナジー創出を拡大、グループ商材集約し最適提案

■本格化する決算を前に積極的な売買が手控えられる

24日の日本株市場は、やや売り優勢ながらも底堅い相場展開が意識されそうだ。
23日の米国市場は、NYダウが96ドル安、ナスダックは65ポイント高だった。さえない決算を発表したスリーエムが大幅安となり、NYダウを押し下げた。好決算を発表した銘柄が支えるも、高値警戒感や利益確定の売りも重荷となり、NYダウは終日軟調に推移。ナスダックは長期金利の上昇に伴い下落する場面もあったが、小幅に続伸した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比65円安の36475円、円相場は1ドル148円30銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや売り先行で始まることになりそうだ。
日経225先物はナイトセッションで一時36030円まで売られており、神経質にさせそうである。スリーエムがNYダウを押し下げる格好となるなど、国内においても本格化する決算を前に積極的な売買が手控えられそうである。ただし、ネットフリックスが決算評価ら時間外取引で買われているほか、日中においてもハイテク株への物色が続くなか、東エレク<8035>など指数インパクトの大きい値がさハイテク株が日経平均を下支えすることが期待される。

昨日の日銀の金融政策決定会合の結果判明後は持ち高調整の流れが強まり、荒い値動きとなったが、過熱感が警戒されていたほか、これまでのトレンドに変化はなく、買い遅れていた投資家においては、押し目待ち狙いの買いを入れやすいところではある。もっとも、インデックスに絡んだ資金が中心であるため、個人投資家中心の中小型株については資金の逃げ足が速いほか、物色対象は広がりづらいため、流動性があり、足もとで強いトレンドを継続している銘柄などに絞られそうである。

なお、日経平均は昨日の上昇でボリンジャーバンドの+2σを突破する場面も見られたが、上ひげを残す格好から終値では+2σを下回っている。
過熱感が警戒されるものの、バンドの切り上がりに沿った形状であるため、押し目狙いのスタンスとなろう。ハイテク株の動向のほか、中国マネーの流入観測から中国市場の動きにも引き続き注目である。

■イオン九州、24/2上方修正 営業利益 104億円←79億円

イオン九州<2653>は2024年2月期業績予想の修正を発表。売上高は5000億円から5050億円、営業利益を79億円から104億円に上方修正した。売上面では、構成比の高い食品において、物価上昇が続く中で生活応援施策を強化しつつ、オーガニック&ナチュラルなどの新たな付加価値を創造する商品・売場を拡大し、消費の二極化への対応をすすめた。また、衣料品・住居余暇商品では、トラベル関連商品や化粧品、毎日の健康をサポートするウェルネスフードなどの品揃えを拡充したことで、直近の12月度、そして最大の商戦となる年末年始期間においても既存店の売上高が前年同期を上回るなど好調に推移している。


■前場の注目材料

・ナスダック総合指数は上昇(15425.94、+65.66)
・1ドル=148.30-40円
・SOX指数は上昇(4415.26、+28.66)
・VIX指数は低下(12.55、-0.64)
・米国のインフレ沈静化観測

・TOPPANHD<7911>シナジー創出を拡大、グループ商材集約し最適提案
・フェローテックHD<6890>マテリアルテクノロジーズ、磁性ビーズ開発、DNA・RNAを効率抽出
・NTN<6472>大型軸受を三重で代替生産、BCPで供給継続
トヨタ<7203>トヨタ東日本の一部工場、きょうまで稼働停止
・トヨタ自<7203>グループのダイハツ、来月中旬の生産再開検討、商用車2車種
・神戸鋼<5406>住商・サントリーなどとグリーンアルミビール缶で脱炭素、再エネ活用
・横浜ゴム<5101>伊にタイヤ販社、顧客満足度高めシェア拡大
・島津製作所<7701>社長・山本靖則氏、米に認知症検査用PET
・日機装<6376>液体アンモニア向けポンプ開発、石炭火力混焼、26年投入
・DMG森精機<6141>独で自社展開催、世界初披露機を展示
・日立建機<6305>東南アに中・大型油圧ショベル4種投入
ヤマハ<7272>光学外観検査装置の上位機種投入、画像処理を大幅向上
・オービック<4684>電帳法の法的要件3認証取得、ERP導入5倍狙う
三菱電機<6503>パワー半導体モジュールを60%小型化、サンプル提供へ
・ローム<6963>社長・松本功氏、SiC半導体増産急ぐ
・東京ガス<9531>EV充電管理、電力需要制御を社内実証
・INPEX<1605>東ガス・大ガスと、UAEでeメタン調査
・クラレ<3405>スペインに拠点、販売・市場開発
・富士フイルムHD<4901>社長兼CEO・後藤禎一氏、バイオ医薬品の生産能力伸長

☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:50 12月貿易収支(予想:-1226億円、11月:-7804億円)

<海外>
・特になし