欧州市場でドル・円は下押しされながらも、157円台を維持。一方、ユーロはドルや円、スイスフランに対し弱含む。
18時に発表されたユーロ圏の鉱工業生産は予想より弱い。欧州中銀(ECB)当局者からは利下げに前向きな見解が聞かれ、ユーロ売り再開。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は157円15銭から157円31銭、ユーロ・円は169円74銭から170円08銭、ユーロ・ドルは1.0799ドルから1.0814ドル。