欧州市場でドル・円は157円を割り込み、日中安値に近い156円90銭付近に値を下げた。欧州株式市場で主要指数が大幅に下げ、時間外取引の米ダウ先物は下げ幅を拡大。
フランス政局の不透明感でリスクオフの流れが強まり、円買い優勢となっている。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は156円92銭から157円71銭、ユーロ・円は167円52銭から168円95銭、ユーロ・ドルは1.0672ドルから1.0711ドル。