米5月輸入物価指数は前月比-0.4%と、昨年12月来で初めてのマイナスとなった。予想を下回り、輸入インフレ鈍化が示された。
石油を除くと、前月比―0.3%と、プラス0.2%予想に反し、昨年10月来のマイナスとなった。前年比では+1.1%と、伸び拡大予想に反し4月と同水準にとどまった。

米10年債利回りは4.186%まで低下し3月28日来の低水準となった。ドル・円は156円86銭まで下落後は、157円台前半でもみ合い。ユーロ・ドルは1.0687ドルで下げ止まった。ポンド・ドルは1.2670ドルまで下落後、1.2682ドルへ反発。


【経済指標】
・米・5月輸入物価指数:前月比-0.4%(予想:-0.1%、4月:+0.9%)