18日の日経平均は反落した。前日の終値379.67円高と前日712.12円安の半値戻しをクリア。
ローソク足が小陽線を描いたほか、一目均衡表で本日終値が雲下から雲中に復帰し、足元では下値リスクがやや後退した模様だ。一方、下向きの5日移動平均線が25日線を下回った。25日線は上向きをキープしたため短期デッドクロスには該当しないが、地合い悪化リスクにも引き続き留意が必要となろう。