[注目トピックス 市況・概況]豪ドル週間見通し:横ばいか、豪準備銀行(中央銀行)は豪ドル高の継続を警戒

*13:52JST 豪ドル週間見通し:横ばいか、豪準備銀行(中央銀行)は豪ドル高の継続を警戒

豪ドルは99円前後でもみあいとなった。ユーロ加盟国であるキプロスの債務問題に対する懸念が高まり、リスク回避的な豪ドル売りが強まる場面もあったが、同国の支援は最終的には実施されるとの見方が浮上し、リスク選好的な豪ドル買いも観測された。

取引レンジは97円06銭-99円78銭。

今後は、豪ドルは横ばいか。豪準備銀行(中央銀行)は豪ドル高の継続を警戒している。米国経済の回復は世界経済の成長持続につながる要因となり、豪ドル相場に対する支援材料となるが、ユーロ圏の債務問題に対する懸念は残されており、豪ドルは伸び悩む可能性がある。

■発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・28日:3月TDセキュリティーズインフレ指標(2月:前年比+2.4%)

予想レンジ:97円00銭-100円00銭





《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2013年3月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら