[注目トピックス 市況・概況]国内株式市場見通し:3月期末「甘利越え」意識、キプロス危機がハシゴを外すか

*15:25JST 国内株式市場見通し:3月期末「甘利越え」意識、キプロス危機がハシゴを外すか

先週(3/18-22)の日経平均は下落。米国の緩和政策の継続や、日銀の黒田新体制による大胆な金融緩和期待を背景に、日経平均は2008年9月8日以来約4年半ぶりに12600円台を回復する局面をみせた。しかし、週を通じてキプロス支援問題が債務危機の新たな局面としてネガティブ視され、週後半にかけては含み資産関連など、相場をリードしていたセクターや銘柄に対する利益確定の流れに向かわせた。市場は先週のように週明けに波乱展開(日経平均は300円超の下落、ユーロ・円は121円台)が起こるとの警戒もあり、先物主導によって日経平均は下げ幅を広げていた。


今週(3/25-29)は3月期企業の決算期末となる。市場の関心は期末の日経平均の着地点。甘利経済再生担当相が2月9日の講演で日経平均に関して、「3月期末までには13000円を目指して頑張るぞという気概を示すことは大事だ」、「株価が上がっていくように次々と手を打っていきたい」と発言。3月末の13000円、いわゆる「甘利越え」がターゲットとして意識される。また、一層の金融緩和政策への期待の高まりにより、3月期の権利落ち後の早期の切り返しが期待される。日経平均に対して85円程度と観測されている配当・権利落ち分を早期に埋めてくるようだと、相場の先高期待が一段と強まることになる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2013年3月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら