[注目トピックス 市況・概況]来週の相場で注目すべき3つのポイント:キプロス、臨時金融会合、甘利越え

*21:07JST 来週の相場で注目すべき3つのポイント:キプロス、臨時金融会合、甘利越え
株式相場見通し

予想レンジ:上限13000-下限12000円

来週は3月期企業の決算期末となる。市場の関心は期末の日経平均の着地点。甘利経済再生担当相が2月9日の講演で発言した「3月期末までには13000円を・・・・」いわゆる「甘利越え」がターゲットとして意識される。また、日経平均に対して85円程度と観測されている配当・権利落ち分を早期に埋めてくるかが注目される。そのキッカケとしては、黒田新体制による臨時の金融政策決定会合への思惑が挙げられる。
一方、これらのハシゴを外す可能性があるのが、25日(月)が期限となっているキプロスの銀行支援策の行方となる。結果次第ではリスク回避やユーロ安の再燃によって、日本株高を支えてきた円安が一時的に反転する可能性がある。反対に進展がみられるようだと、金融セクターなどを中心に見直し買いが強まると考えられる。
物色としては新体制での日銀決定会合を控える中、直近で調整色が強まっていた金融緩和メリット銘柄などは押し目買いの動きが探られよう。また、中小型株に対する個人投資家の物色意欲は根強く、押し目買いの動きが活発化。直近IPO銘柄やバイオ関連など注目か。

■為替市場見通し

来週のドル・円は、3月期末決算に向けたリパトリ(外貨建て資産売却・円買い)で上値が重い展開の中、臨時日銀金融政策決定会合が開催される可能性に警戒する展開となる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2013年3月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら