[注目トピックス 市況・概況]豪ドル週間見通し:ファンド筋などの売りは一段落で上値は重い展開か

*16:20JST 豪ドル週間見通し:ファンド筋などの売りは一段落で上値は重い展開か
豪ドルは大幅続落。日米の株安を嫌気して円高・ドル安が急速に進んだことから、一時89円を下回った。米量的緩和策の早期縮小への懸念は残されており、ファンド筋などの豪ドル売り・米ドル買いは継続したことも豪ドルの対円レートの下落につながった。

取引レンジは88円94銭-93円80銭。

今後は、豪ドルの上値は重いままか。米量的緩和策の早期縮小の可能性は多少低下しており、ファンド筋などの豪ドル売り・米ドル買いは一段落となった。ただし、日経平均株価がやや不安定な動きを続けており、リスク選好的な円売り・豪ドル買いの取引がただちに拡大する状況ではないとみられている。

■発表予定の主要経済指標・注目イベント
・18日:豪準備銀行が6月定例理事会の議事録公表

予想レンジ:89円00銭-92円00銭


《FA》

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2013年6月15日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら