[注目トピックス 市況・概況]来週の相場で注目すべき3つのポイント:米FOMC、バーナンキ議長会見、バイオなど材料株物色

*20:19JST 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米FOMC、バーナンキ議長会見、バイオなど材料株物色
株式相場見通し

予想レンジ:上限13500-下限11800円


来週は17、18日に主要8カ国(G8)首脳会議、18、19日には米連邦公開市場委員会(FOMC)、21日に黒田日銀総裁講演、EU財務相会合が予定されている。バーナンキ米FRB議長が会見で現在の金融政策を維持するとの見解を示すようならば、FOMC通過によって一先ず落ち着きを取り戻してくる可能性がある。


しかし、株主総会のシーズンとなるため機関投資家は動きづらいところ。海外のヘッジファンドなどによる先物への仕掛け的な商いに伴う現物市場へのインデックス売買には引き続き注視する必要。そのため、物色の流れとしては、オーバーナイトのポジションは取りづらく、材料株での短期的な値幅取り狙いが中心になりそうだ。 とはいえ、異次元の量的緩和後の上昇部分を帳消しにしたが、日銀は物価上昇率が2%に到達するまでは異次元緩和を継続させる。景況感の改善などはこれからであり、仕切り直しのスタンスに立てば、見直し買いの好機にもなりそうだ。


金融株や不動産株などの金融緩和メリット銘柄にも関心だが、不動産株に関しては、週末のREIT購入拡大報道、17日のマンション発売なども注目材料に。また、20日にはHSBCの中国PMIが発表予定、資源関連株を含めて中国関連の動向を左右しよう。リプロセルの上場が26日に接近する中、バイオ関連銘柄は動意しやすいタイミングでもあろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2013年6月15日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら