[注目トピックス 市況・概況]為替週間見通し:シリア情勢、米国雇用統計、オリンピック開催都市を見極める展開

*16:56JST 為替週間見通し:シリア情勢、米国雇用統計、オリンピック開催都市を見極める展開
■ドル・円上げ渋る展開、オバマ米政権によるシリア空爆懸念

ドル・円は、オバマ米政権によるシリア空爆懸念が高まったことで、98円85銭から96円82銭まで下落した後、米国4-6月期の国内総生産(GDP)改定値が前期比年率+2.5%へ上方修正されたこと、日本の7月のコア消費者物価指数が前年比+0.7%となったことで、下げ渋る展開となった。

取引レンジは、96円82銭から98円85銭となった。

■シリア情勢、米国雇用統計、オリンピック開催都市を見極める展開

今後のドル・円は、6日に発表される米国8月の雇用統計を見極め、日本時間8日に発表される2020年夏季オリンピック開催都市を見極める展開となる。8日に決定される2020年夏季オリンピックの開催地が、東京となるのではないかとの期待感から下げ渋る展開が予想される。

オバマ米政権によるシリア空爆が断行された場合、化学兵器関連施設に対する短期的、局地的な攻撃で終わった場合は相場への影響は限定的だが、イスラエルやイランを巻き込んだ長期的、拡散的な紛争となった場合はリスク回避の株売り、円買い圧力が強まることになる。

日本銀行金融政策決定会合(4-5日)

日本銀行金融政策決定会合では、日本のコアインフレ率が6月は前年比+0.4%、7月は+0.7%と順調に上昇していることで、現状の金融政策の維持が予想されている。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年8月31日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。