[注目トピックス 市況・概況]ユーロ週間見通し:ECB定例理事会とイタリアの政局混迷懸念を見極める展開

*17:00JST ユーロ週間見通し:ECB定例理事会とイタリアの政局混迷懸念を見極める展開
■スペインとイタリア政局混迷懸念で弱含み

ユーロ・ドルは、ラホイ・スペイン首相に対する不正資金受領疑惑、イタリア連立政権崩壊懸念などで、1.3399ドルから1.3174ドルまで下落した。

ユーロ・円は、スペインとイタリアの政局混迷懸念、シリア空爆に対する警戒感から、132円31銭から129円31銭まで下落した。

取引レンジ:ユーロ・ドル1.3174ドル-1.3399ドル、ユーロ・円129円31銭-132円31銭

■欧州中央銀行定例理事会を見極める展開

今後のユーロ・ドルは、欧州中央銀行定例理事会でフォワードガイダンス(将来の金融政策指針)により現状の金融政策の維持が予想されることで、上げ渋る展開が予想される。

ベルルスコーニ伊元首相の有罪判決を受けて、イタリアの連立政権崩壊の懸念が高まっていることで、イタリアの政局混迷懸念に警戒する展開となる。

ユーロ・円は、シリア空爆懸念や2020年オリンピック開催都市への思惑で、安倍トレード(日本株買い・円売り)が再開するのか、手仕舞いが優勢となるのかを見極める展開となる。

予想レンジ:ユーロ・円128円00銭-133円00銭/ユーロ・ドル1.3000ドル-1.3500ドル

■発表予定の主要経済指標・注目イベント

4日(水):(ユーロ圏)4-6月期域内総生産改定値
4日(水):(ユーロ圏)7月小売売上高


《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年8月31日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。