[注目トピックス 市況・概況]英ポンド週間見通し:金融政策委員会を注目する展開

*17:01JST 英ポンド週間見通し:金融政策委員会を注目する展開
■キャメロン英首相によるシリア空爆への警戒感で弱含み

ポンド・円は、キャメロン英首相によるシリアに対する空爆への警戒感から153円98銭から150円49銭まで下落したものの、英国下院が否決したことで下げ渋る展開となった。米ベライゾンによる英ボーダフォンからの1300億ドルの持分取得観測もポンド買い要因となった。

取引レンジ:150円49銭-153円98銭

■イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会を見極める展開

今後のポンド・円は、カーニー英中銀総裁によるハト派発言を受けたイングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会を注目する展開となる。シリア空爆懸念や2020年オリンピック開催都市への思惑で、安倍トレード(日本株買い・円売り)が再開するのか、それとも手仕舞いが優勢となるのかも見極める展開となる。

■発表予定の主要経済指標・注目イベント
4-5日:英中央銀行金融政策委員会

予想レンジ: 150円00銭-155円00銭


《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年8月31日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。