[注目トピックス 市況・概況]30日の米国市場ダイジェスト:ダウは61ドル安、量的緩和見送りも材料出尽くし感

*07:39JST 30日の米国市場ダイジェスト:ダウは61ドル安、量的緩和見送りも材料出尽くし感

■NY株式:ダウは61ドル安、量的緩和見送りも材料出尽くし感

NYダウ       ナスダック
終値 :15618.76  終値 :3930.62
前日比:-61.59   前日比:-21.72
始値 :15680.74  始値 :3962.40
高値 :15721.00  高値 :3966.71
安値 :15574.52  安値 :3919.14

30日の米国株式相場は下落。ダウ平均は61.59ドル安の15618.76、ナスダックは21.72ポイント安の3930.62で取引を終了した。朝方発表された10月ADP雇用報告が予想を下回ったこともあり、連邦公開市場委員会(FOMC)への期待感から買いが先行。ダウ平均株価や大型株で構成されるS&P500指数はザラ場ベースの過去最高値を更新した。FOMC結果にかけて相場は失速。FOMCでは大方の予想通り量的緩和の縮小が見送られたものの、声明文に積極的な表現が盛り込まれなかったことや材料の出尽くし感から一段安となり、引けにかけても軟調推移となった。セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や消費者・サービスが上昇する一方、メディアや家庭用品・パーソナル用品が下落した。

自動車のゼネラル・モーターズ(GM)は減益ながら予想を上回る決算を発表して上昇。通信キャリアのスプリント(S)は黒字決算を発表して堅調推移となった。一方で、送金サービスのウエスタン・ユニオン(WU)は、決算が予想を下回ったことで下落。ビジネス向け交流サイトのリンクトイン(LNKD)も、今期業績に慎重な見通しを示したことで売られた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2013年10月31日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。