[注目トピックス 市況・概況]米国株式市場見通し:感謝祭で閑散取引か、雇用統計やFOMCを通じて慎重に見極めたいとの見方が大勢

*17:22JST 米国株式市場見通し:感謝祭で閑散取引か、雇用統計やFOMCを通じて慎重に見極めたいとの見方が大勢
今週(11/25-29)の米国市場は28日が感謝祭で休場となるほか、29日も米国東部時間午後1時までの短縮取引となる。投資家や市場関係者の多くも休暇に入るため、週を通じて閑散取引となるだろう。

経済指標関連では10月中古住宅販売仮契約(25日)、9月S&Pケース・シラー住宅価格指数(26日)、9月FHFA住宅価格指数(26日)、9月及び10月住宅着工件数(26日)など、住宅関連の各種指標の発表が週前半に多数予定されている。今年5月以降の長期金利急騰の影響で住宅ローン金利も上昇傾向にあり、住宅価格や住宅販売への影響が懸念されている。その他、11月消費者信頼感指数(26日)、10月耐久財受注(27日)、10月景気先行指数(27日)などの発表も予定されている。連銀の金融政策を巡っては、先日のイエレン次期FRB議長の発言とFOMC議事録の内容が相反する部分もあるため、今後の雇用統計やFOMCを通じて慎重に見極めたいとの見方が大勢だ。

個別企業では26日にPCメーカーのヒューレット・パッカードと宝飾品小売のティファニーの決算発表が予定されている。ヒューレット・パッカードは業績回復への期待感から、株価が年初から80%弱の上昇。来年4月に基本ソフト「Windows XP」のサポート切れ期限を迎えることから、法人向けPCの買い替え需要から恩恵を受けることが予想される。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2013年11月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。