[注目トピックス 市況・概況]NY為替:ドル・円は103円00銭、米国経済指標の予想上振れでドル買い優勢

*07:00JST NY為替:ドル・円は103円00銭、米国経済指標の予想上振れでドル買い優勢

16日のニューヨーク外為市場で、ドル・円は102円86銭から103円12銭まで上昇し、103円00銭で引けた。予想を上振れた米国の7-9月期非農業部門労働生産性改定値や11月鉱工業生産指数を好感したドル買いが優勢となった。その後、オプション絡みの取引に上値が抑えられた。

ユーロ・ドルは、1.3790ドルから1.3743ドルまで下落し1.3765ドルで引けた。欧米金利差縮小に伴う売りが優勢となった。ユーロ・円は、142円03銭から141円47銭へ下落した。ポンド・ドルは、1.6336ドルから1.6291ドルへ下落。ドル・スイスは、0.8853フランから0.8888フランへ上昇した。


[経済指標」

米・12月NY連銀製造業景気指数:0.98(予想:5.00、11月:-2.21)
米・7-9月期非農業部門労働生産性改定値:前期比年率+3.0%(予想:+2.8%、速報値:+1.9%)
米・10月対米証券投資の長期有価証券(株式スワップ等除く):+354億ドル(予想:+400億ドル、9月:+313億ドル←+255億ドル)
米・10月ネットTICフロー:+1949億ドル(9月:-976億ドル←-1068億ドル)
米・11月鉱工業生産指数:前月比+1.1%(予想:+0.6%、10月:+0.1%←-0.1%)
米・11月設備稼働率:79.0%(予想:78.4%、10月:78.2%←78.1%)


《KO》
Fiscoの記事をもっと見る 2013年12月17日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。