[注目トピックス 市況・概況]日経平均テクニカル:+2σと+1σとのレンジ内での推移

*18:24JST 日経平均テクニカル:+2σと+1σとのレンジ内での推移

日経平均は小幅に5日続伸。一時2007年12月以来の16000円を回復している。ただ、ボリンジャーバンドの+2σと+1σとのレンジ内での推移。バンドは上昇しているが、これから拡大をみせてくるため、狭いレンジ内での攻防に。

陰線形成となったが、5月ザラバ高値を更新し、節目の16000円回復で達成感が出やすいところであり、想定内。先週のギャップ・アップで空けたマドを埋めずに下値を切り上げてきており、トレンドは強い。5月高値とのダブルトップが引き続き意識されるが、これを支持線に変えてくるようだと、先高感が強まろう。

なお、新値足は陽線が3本つながっており、現時点では陰転シグナルが15200円割れとなる。しかし、小幅な上昇で陽線が積み上がると、陰転シグナルのポイントは15860円割れと一気に切り上がる点には注意。


《KO》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2013年12月24日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。