[注目トピックス 市況・概況]米株式:下落、50日移動平均線より下での動き続く、債券購入なし

*00:54JST 米株式:下落、50日移動平均線より下での動き続く、債券購入なし

米株式市場

2013年は世界主要中銀による流動性注入を受けて国内株式やドイツDAXなどが大幅上昇したなか、DAXが50日移動平均線を下回り年初来安値をつけるなかで、国内でもSP500、ナスダック、ラッセル2000、ダウ30(以上全て現物)も50日移動平均線を下回っている。

午後2PMに連邦公開市場委員会後の発表を控えるなか、依然資産購入プログラム縮小は続くとの見方が多い。27日にはハトであるミネソタ連銀のコチャラコタ総裁がニューヨークタイムズ紙上にて縮小に反対しない可能性が高いとの意思を明らかにしていた。市場のコンセンサスは100億ドル縮小の継続。2012年9月のQE3発表後のバブルを牽引するスモールキャップに関して前回の会合ではフォワードPEの上昇が一部幹部の間で懸念として表されたことが明らかになっている。

マクロ経済では、オバマ大統領はエネルギー・環境、住宅市場、学生ローン、ヘルスケアに関して大きな政策のサプライズを発表しなかったとの見方が多い。

海外ではドイツ連銀が他ユーロ圏の国家は救済を求める前に富裕層への税金を提言しているとのこと。前営業日国内株式市場現物引け後にトルコ中銀は予想を大幅に利上げを敢行したが、ドルトルコリラは現在この前の水準にまで戻している。

個別銘柄では、航空のボーイング(BA)は業績見通しが市場を下回っている。

S&P 500は10.16安の1782.34前後で推移、ナスダック総合指数23.24ポイント安の4074.72ポイント、ダウ平均株価は114.31ドル安の15814.25ドル前後で推移(日本時間24時50分時点)。


《KG》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。