[注目トピックス 市況・概況]日経平均テクニカル:15000円近辺での攻防が長期化すると厳しい

*18:54JST 日経平均テクニカル:15000円近辺での攻防が長期化すると厳しい

日経平均は大幅反落で一時14900円を割り込んだが、引けでは辛うじて15000円をキープ。長い下ひげを残す格好となり、一目均衡表では雲下限が支持線として意識される。ボリンジャーバンドでは-2σでの攻防。ただし、明確なボトム形成は確認出来ておらず、明確なボトム形成を確認する必要がある。一目均衡表の雲が切り上がりをみせてくるため、まずは雲に沿ったリバウンドをみせ、早期に雲上限を突破する必要があるだろう。15000円近辺での攻防が長期化してしまうと、自然体で雲を割り込み、15200円辺りに切り上がりをみせてくる雲下限が上値抵抗に変わる可能性が出てくる。MACDは-320まで下げており、昨年8月後半につけた-330に接近。ここでボトムを形成できないと、6月にかけての下落局面でつけていた-720辺りまでの下げ余地が意識されてくる。


《KO》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2014年1月30日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。