[注目トピックス 市況・概況]日経平均テクニカル:週間形状の-3σ割れは2011年3月の震災以来

*18:34JST 日経平均テクニカル:週間形状の-3σ割れは2011年3月の震災以来

日経平均は大幅続落で直近安値を更新。安値引けとなり、14000円に接近している。昨年11月の安値を下回り、10月安値水準に。ボリンジャーバンドでは-2σから下放れる格好となり、-3σまで一気に下げてきている。週間形状についても-2σを下回ってきている。週間形状で-3σを捉えるのは、2011年3月の震災以来となる。

一目均衡表では雲を完全に下放れる格好でトレンドが悪化しているが、週間形状では緩やかに切り上がる雲上限が次第に意識されてくる。雲上限が現時点では13630円辺りに位置しているが、3週後には13945円辺りと14000円処に切り上がる。週間形状のMACDは378辺りまで下がっているが、11月の338辺りで下げ止まらないと、節目を失う格好で調整が長期化する可能性が出てくる。


《KO》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。