[注目トピックス 市況・概況]欧米為替見通し:G-20での2兆ドルのGDP増額と350億ドルのウクライナ支援

*17:08JST 欧米為替見通し:G-20での2兆ドルのGDP増額と350億ドルのウクライナ支援

本日25日の欧米市場のドル・円は、27日のイエレン第15代FRB議長の議会証言を控えて上げ渋る展開が予想される。

最近のドル・円のレンジは、101円台前半から102円台後半に留まっていることで、アジア中銀などによるダブルノータッチ・オプション(101円・103円)の可能性(101円台前半では防戦買い、102円台後半では防戦売り)が警戒されている。

本日発表される米国の2月の消費者信頼感指数では、米国の2月の雇用統計を見極める意味で、雇用関連指数に注目することになる。

G-20財務相・中央銀行総裁会議では、世界経済の国内総生産(GDP)成長率を2%、2兆ドル引き上げることが決定された。

日本の国内総生産(GDP)シェアは約7%なので、約1400億ドル(=約14兆円)程度の成長が割り当てられることで、成長戦略、異次元の量的・質的金融緩和第2弾への期待が高まることになる。

また、ウクライナの暫定政権が350億ドルの金融支援が必要としていることで、日本に対しても国際通貨基金(IMF)を通じた金融支援が期待されることになる。

【今日の欧米市場の予定】

23:00 米・12月FHFA住宅価格指数(前月比予想:+0.3%、11月:+0.1%)
23:00 米・12月S&P/ケース・シラー住宅価格指数(前年比予想:+13.38%、11月:+13.71%)
24:00 米・2月消費者信頼感指数(予想:80.0、1月:81.7)

タルーロ米連邦準備制度理事会(FRB)理事が講演

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事が講演


《KO》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2014年2月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら