[注目トピックス 市況・概況]欧州為替:ユーロ弱含み、ウクライナ最後通告の期限経過

*18:04JST 欧州為替:ユーロ弱含み、ウクライナ最後通告の期限経過
ドル・円は、ウクライナ情勢緊迫化を受けて、101円60-70銭で上げ渋る展開。


ユーロ・ドルは、ウクライナ最後通告の期限経過で強制排除が実施されることで、1.3823ドルまで軟調推移。

ユーロ・円も140円45銭まで軟調推移。

【経済指標】
・ユーロ圏・2月鉱工業生産:前月比+0.2%、前年比+1.7%(前月比予想:+0.2%、1月:0.0%、+1.6%)
・伊・3月(EU基準)消費者物価指数:前年比+0.3%

【要人発言】
・トゥルチノフ・ウクライナ大統領代行
「軍隊による反テロ行動を実施する」


《MY》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2014年4月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら