[注目トピックス 市況・概況]欧州為替:ウクライナ情勢と米国インフレ率に要注目

*20:23JST 欧州為替:ウクライナ情勢と米国インフレ率に要注目
ドル・円は、米国6月のインフレ率の発表を控え、ウクライナ紛争への警戒感、ドル買いオーダー(101.00-30円)とドル売りオーダー(101.60-80円)などで、101円50-60銭で推移。

ユーロ・ドルは、ウクライナ紛争への警戒感から、1.3478ドルまで軟調推移。
下値支持線で攻防の分岐点だった1.3480ドルを割り込みつつあることで、下落リスクが高まりつつある。
ユーロ・円も、136円82銭まで連れ安推移。



ポンド・ドルは、予想を上回る英国6月の財政赤字を受けて、1.7062ドルまで軟調推移。


【要人発言】
・ベイリー英中銀副総裁
金融危機には、金融政策以外の措置が必要」


《MY》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2014年7月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。