[注目トピックス 市況・概況]【市場反応】米Q3GDP確定値が11年ぶりの高い伸び、ドル続伸

*22:57JST 【市場反応】米Q3GDP確定値が11年ぶりの高い伸び、ドル続伸
外為市場では予想を上振れた米7-9月期国内総生産(GDP)を好感するドル買いが優
勢となった。ドル・円は120円15銭から120円48銭まで上昇し、9日来の高値を更新。
ユーロ・ドルは1.2215ドルから1.2186ドルまで下落し、2012年7月来の安値を更新した。

米商務省が発表した7-9月期国内総生産(GDP)確定値は前期比年率+5.0%と、市場予
想の+4.3%を上回り改定値の+3.9%から上方修正され2003年7-9月期以降11年ぶりの
高い伸びを記録。個人消費確定値も前期比+3.2%と、市場予想の+2.5%を上回り改定
値の+2.2%から上方修正され昨年10-12月期以降で最大の伸び。国内総生産(GDP)価
格指数確定値は前期比+1.4%と予想通り改定値と同水準。

一方、同時刻に発表された11月耐久財受注は前月比-0.7%と、予想外に10月の+0.3%
から再びマイナスに落ち込んだ。

【経済指標】
・米・7-9月期国内総生産(GDP)確定値:前期比年率+5.0%(予想:+4.3%、改定値:
+3.9%)
・米・7-9月期個人消費確定値:前期比+3.2%(予想:+2.5%、改定値:+2.2%)
・米・7-9月期国内総生産(GDP)価格指数確定値:前期比+1.4%(予想:+1.4%、改
定値:+1.4%)
・米・11月耐久財受注:前月比-0.7%(予想:+3.0%、10月:+0.3%)
・米・11月耐久財受注(輸送機除く):前月比-0.4%(予想:+1.0%、10月:-1.0%)






《KK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年12月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。