[注目トピックス 市況・概況]英ポンド週間見通し:利上げについて前向きな見解が表明される可能性

*19:22JST 英ポンド週間見通し:利上げについて前向きな見解が表明される可能性

■ポンド強含み、英中央銀行による利上げ観測で

先週のポンド・円は強含み。10-12月期英国内総生産(GDP)改定値が前期比+0.5%だったこと、英中央銀行の利上げ観測が高まったことが要因。しかし、原油価格が下落したことやドイツ連邦銀行(中央銀行)による外貨準備絡みのポンド売りの影響で対円レートの上げ幅はやや縮小した。取引レンジは182円62銭-185円03銭。

■ポンド強含みか、カーニー・イングランド銀行(中央銀行)総裁の発言に要注目

今週のポンド・円は強含みか。英中央銀行の金融政策決定会合で利上げについて前向きな見解が表明される可能性がある。2月の製造業PMIやサービス業PMIの改善が予想されていることもポンド買い材料となる。

○発表予定の主要経済指標・注目イベント
・2日:2月製造業PMI(予想:53.4、1月:53.0)
・4日:2月サービス業PMI(予想:57.4、1月:57.2)
・5日:英中央銀行金融政策決定会合

予想レンジ: 182円00銭-187円00銭


《TN》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2015年3月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。