[注目トピックス 市況・概況]4日の米国株見通し:やや軟調推移か、主要国の長期金利上昇が嫌気される可能性

*18:27JST 4日の米国株見通し:やや軟調推移か、主要国の長期金利上昇が嫌気される可能性
4日のNYダウはやや軟調推移か。3日のNY市場は上昇。5月ADP雇用統計が市場予想をやや上回ったことから5日に発表される雇用統計への期待感から買いが先行した。その後は、4月貿易赤字が縮小したほか欧州中央銀行(ECB)総裁発言を受けた堅調な欧州の株式相場を受け、米国株も連れ高となり、上げ幅を拡大した。ダウ平均は64.33ドル高の18076.27、ナスダックは22.71ポイント高の5099.23。

4日の米国株は売り先行の相場展開になりそうだ。NYダウは18000ドルを下回る可能性がある。ギリシャ債務協議の進展が期待されているが、強気になれない状況が続いている。また、主要国の長期金利上昇が嫌気されており、5月の米雇用統計発表前に調整的な売りが増える可能性がある。4日に発表される経済指標では、前週分新規失業保険申請件数が材料視されそうだ。、

目先におけるNYダウの下値目処は17950ドル近辺、上値目処は18200ドル近辺か。





《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年6月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。