[注目トピックス 市況・概況]欧州為替:ドル120円付近、動意は薄い

*18:33JST 欧州為替:ドル120円付近、動意は薄い
欧州株がまちまちのなか、ドル・円は動意が薄い。市場筋によると、最近のドル・円は120円を割り込むと押し目買いが入りやすくなるため、119円後半が目先の下値メドと指摘する。つまり、119円後半では下支えされるとの安心感があるという。9月に入ってからは何度か119円を割り込んだが、米利上げ先送り以降はドル買い意欲がやや薄れているため、目先119円割り込んだ場合には「トレンドが変わる」と同市場筋はみている。


欧州市場で、ドル・円は119円92銭から120円17銭、ユーロ・ドルは1.1184ドルから1.1123ドル、ユーロ・円は134円32銭から134円63銭のレンジで推移している。


《TY》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年9月24日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。