[注目トピックス 市況・概況]後場に注目すべき3つのポイント~中小型株の押し目を探る流れ

*12:33JST 後場に注目すべき3つのポイント~中小型株の押し目を探る流れ

4日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・中小型株の押し目を探る流れ
・ドル・円は119円74銭付近、アジア株の軟調受け120円割れ
・マイナンバーの運用開始で関連銘柄に物色


■中小型株の押し目を探る流れ

日経平均は大幅に下落。492.30円安の18541.41円(出来高概算9億7000万株)で前場の取引を終えている。昨年末の欧米株安の流れを受けて、2016年大発会は売り先行で始まった。その後一時18951.12円と下げ幅を縮める場面もあったが、為替市場で急速に円高に振れたことや、中国・上海指数の弱い動きなどが嫌気され、下げ幅を拡大させている。

東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1600を超えており、全体の8割を占めている。規模別指数は大型、中型、小型株指数いずれも2ケタの下落。セクターでは、鉱業のみが上昇しており、食料品、電力ガス、ゴム製品、倉庫運輸、情報通信、化学、輸送用機器、空運、陸運、不動産などが2%を超える下げとなった。

日経平均、TOPIXは2%を超える下げとなっているが、ジャスダック平均は0.16%、マザーズ指数は0.25%の下げにとどまっており、中小型株は相対的に底堅い動きをみせている。日経平均は一時500円を超える予想以上の下げとなり、この影響から中小型株等も失速する格好とはなっているが、押し目を探る流れは意識されそうだ。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。