[注目トピックス 市況・概況]後場に注目すべき3つのポイント~中小型株の押し目を探る流れ



指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>、KDDI<9433>、ファナック<6954>、ソフトバンクグ<9984>、京セラ<6971>、ホンダ<7267>、日東電<6988>などの下げの影響が大きく、日経平均の切り返しは期待しづらいところ。一目均衡表の雲下限が18430円辺りに位置しており、これを捉えてくるようだと、いったんはリバウンドを意識しておきたいところではある。

株式部長 村瀬智一)


■ドル・円は119円74銭付近、アジア株の軟調受け120円割れ

ドル・円は119円74銭付近で推移。日経平均株価や上海総合指数の軟調を受けた値動き。

ドル・円は、日経平均の下げ幅急拡大を受け昨年10月22日以来、約2カ月半ぶりに120円を割り込み、一時119円65銭まで下落。

10時45分に発表された・中・12月財新製造業PMIが48.2と、予想の49.0、11月の48.6を下振れたことで、上海株が下落したこともドルを押し下げた。

リスク回避的な円買いはやや一服したもようだが、ランチタイムの日経平均先物は下値でもみあう展開のため、ドルは午後の取引も上昇に振れる展開は想定しにくい。

12時26分時点のドル・円は119円74銭、ユーロ・円は130円15銭、ポンド・円は176円25銭、豪ドル・円は86円61銭で推移している。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・Fリテ<9983>、KDDI<9433>、ファナック<6954>が日経平均を約113円押し下げ
・国際帝石<1605>、東芝<6502>、昭和シェル<5002>、三菱重工<7011>などプラス
・マイナンバーの運用開始で関連銘柄に物色


☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・14:00 衆院本会議で安倍首相が外交報告、麻生財務相が財政演説

<海外>
・特になし


《SY》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。