[注目トピックス 市況・概況]米国株式市場見通し:FOMC議事録に注目

*14:39JST 米国株式市場見通し:FOMC議事録に注目
今週の米国市場は15日(月)がプレジデンツ・デーの祝日で米国株式相場は休場となる。先週はイエレンFRB議長の議会証言を受けて、年内の追加利上げが見送られるとの見方が急速に広がった。FF金利の先物取引から算出される年内の利上げ確率は、9月まで19%、11月は20%、12月は28%(12日時点)に低下した。当面は、特に個人消費や非製造業を中心とする、比較的堅調な米国の経済指標が、年初来の世界的な株価急落の影響を受けているかどうかが注目される。現時点では可能性は低いと見られているが、一部ではリセッションの懸念も出始めており予断を許さない。

主要企業決算では通信大手のTモバイルUS(17日)、旅行予約サイトのプライスライン・ドット・コム(17日)、ホテル運営のマリオット(17日)、ディスカウントストアのウォルマート(18日)、農業機械のディア(19日)などの決算発表が予定されている。1月小売売上高は予想を上回ったものの、ウォルマートはアマゾンなどネット小売大手に市場シェアを奪われる状況が続いており、決算内容には注意が必要だ。

経済指標では2月NY連銀製造業景気指数(16日)、2月NAHB住宅市場指数(16日)、1月住宅着工・建設許可件数(17日)、1月生産者物価指数(PPI)(17日)、1月消費者物価指数(19日)などの発表が予定されている。また17日には1月26-27日開催分のFOMC (連邦公開市場委員会) 議事録が公開される。世界経済・

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。